ABOUT US

地域のくらしを支え続けながら、次の100年へ

戸室組は、大正8年の創業から間もなく100年を迎えます。鉄道で資材を供給する砂利採取業を創業してから現在の建設業として会社設立後は、公共工事を通じて人々が自然と共存しながら豊かに暮らせる環境づくりに取り組んできました。
次の100年へ向けて、これからも変わらず技術と信頼をモットーに、品質の向上を目指して、より良い製品を提供しながら地域社会に貢献できるよう取り組んでいきます。

  • 戸室組の歴史イメージ
  • 戸室組の歴史イメージ
  • 戸室組の歴史イメージ
  • 戸室組の歴史イメージ
  • 戸室組の歴史イメージ

ICT活用工事への取り組み

IT活用の波は、私たち建設業にも広がってきています。国土交通省が推進するICT活用工事は、建設現場における生産性向上のため、測量、設計施工計画、施工、検査までの工程にICTを活用していく工事です。
戸室組は、これまで培ったノウハウを活かしながら新たなICT施工のノウハウを蓄積していくため、ICT活用工事の施工実績を重ねながら時代の流れに柔軟に対応し、事業に取り組んでいます。

  • ICT活用工事イメージ
  • ICT活用工事イメージ
  • ICT活用工事イメージ
  • ICT活用工事イメージ
  • ICT活用工事イメージ

公共事業におけるICT活用工事

国土交通省では、今後予想される生産年齢人口の減少への対策として、公共事業での建設現場における生産性の向上、公共工事にかかわる人の賃金水準の向上を図るため、ICT活用工事を推進しています。
具体的には、3次元起工測量を使った3次元測量設計データ作成とICT建機による施工、3次元出来形管理等の施工管理や3次元データでの納品などがあげられます。

ICT活用工事イメージ